人の意識と無意識について

この二つの意識について認識することが、心の事を知るスタートです。そして無意識で思っている事が現実となっていきます。意識は自分でコントロールできますが、無意識は直接コントロールすることができません。自分の無意識がどうなっているか知る事が、成長への近道となります。

無意識は圧倒的なパワーを持っている

無意識は全体の約97%を占めると言われています。残りの約3%しかない意識を使って全力でアクセルを踏んでも、無意識でブレーキを踏んでいたら前に進めません。前に進むにはブレーキを緩めましょう。

意識と無意識をイラストで説明

北極に浮かんでいる氷に例えられる図を見たことがあると思います。意識は「判断」など人の普段の行動で、無意識とは意識しないでやっていることで、「習慣」が良い例ですよね。

もうちょっと突っ込んで調べると、意識と無意識の間に前意識という領域があります。

前意識は思い出そうとしたり注意を向けると、意識化することができます。無意識はそう簡単には意識化できません。

そして、無意識には何らかの理由で抑圧された「?」が眠っています。この「?」を見つける事で、ブレーキを踏んでる理由を知ることができます。

自分の無意識に何があるか知ること

自分と向き合う事とは、自分の無意識がどうなっているか知る事です。自分の無意識の事が分かれば、自分がどこに向かって行くか予測できます。人間力が高い人とは、自分の無意識について熟知している人だと私は考えています。

まずは意識と無意識の構造を知る事がスタートです。自分の無意識がどうなっているか知る方法は今後お伝えしていきます。